住宅ローンはどこがいい?

ウォーターサーバーの人気ランキング > 住宅ローン > 住宅ローンはどこがいい?

住宅ローンはどこがいい?

住宅ローンを選ぶ際に大切なことがあります。

ひとつは、繰り上げ返済が簡単で無料なことです。

なぜかというと繰上げ返済を進めれば進めるほど元本や利息が少なくなっていきます。

結果として総支払額が短縮されたり、その期間の利息分総支払額が低くなります。

そのため、手続きをネットで簡単に行えることや繰上げ返済額が一円以上からなのか1万円以上から可能なのかを確認して選びましょう。

ひとつ気をつけていただきたいのが、繰上げ返済のしすぎで生活が苦しくなったら本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときもこの部分のチェックは大切です。

住宅ローン借り換えを行う場合、様々な手続きが必要です。

一例としては、抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続き自体は司法書士が行ってくれますが行なったもらう司法書士を選ぶ権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選択することもできます。

借り換えを行う多くの方は司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関の指定する司法書士が行うことも多いのでご安心ください。

司法書士を選べるかどうかは金融機関ごとに変わるので確認してください。

他にも申し込み段階で用意する書類も多いので借り換えメリットと比べて行わないという決断もありです。

住宅ローンを組む際に固定金利のフラット35を利用した方の中には全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識があるようです。

実は平成21年から借り換え融資プランができて住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うとお得な場合が多いそうです。

得するには基本的に金利差が0.3%以上あると良いようです。

ネット上で借り換えについて説明されているのは固定金利から低金利な変動金利に借り換えを行うケースです。

変動の方が金利は1%から2%低く設定されているのでそのまま低金利のままならお得になりますが、金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利同士での借り換えは、金利変動リスクはありません。

毎月のローンの支払額や総支払額を抑えようと思い、住宅ローン借り換えを考える家庭もあると思います。

では、その場合、今までの火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンを借り入れている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換える際に別の保険を契約することもできます。

もし、継続するのなら保険金のメンテナンスを行いましょう。

なぜかというと火災保険は契約した後は保険金額が適切な金額になっている必要があります。

火災保険はほったらかしになりやすいので借り換えのタイミングに見直してはいかがでしょうか。

皆さんは住宅ローンを申し込んだ際に頭金を支払いましたか?頭金を用意しなかった人もいるかもしれませんが頭金を支払わないと毎月の返済額が高くなります。

そういった悩みを解消するのに返済額を減らそうと住宅ローン借り換える方もいます。

多くの人が「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と考えている人もたまにいますが場合によっては審査に落ちることもあります。

借り換え時の審査では、最初に申し込んだ審査の時よりも物件の担保評価額が中古扱いになり価値が下が流ので予定していた金額で借入れできないことや住宅ローン以外に複数のローンを抱えている場合も危険です。

年収や職場が大きく変わっていなくてもこういった面で引っかかることがあります。

【PR】 住宅ローンどこがいい?



関連記事

  1. 住宅ローンはどこがいい?
  2. 住宅ローン借り換えの審査でも重要なポイント
  3. フラット35のメリット・デメリット