住宅ローン借り換えの審査でも重要なポイント

ウォーターサーバーの人気ランキング > 住宅ローン > 住宅ローン借り換えの審査でも重要なポイント

住宅ローン借り換えの審査でも重要なポイント

住宅を購入する際に活用したい住宅ローン控除ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも要件を満たしていれば利用できます。

控除を受けるには勤め先で年末調整をしていた方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告を行う必要があります。

その際、必要書類が多いので直前から準備を始めずに余裕を持って始めましょう。

借り換え時でも継続できる要件としては、当初の住宅ローン返済のためという内容と借り換え後の借入期間が10年以上になっているかという点です。

基本的に私たちが借り換えを行う理由としては借金を返すことが目的ではなく金利条件を見直すためなので状況が大きく変わっていなければ適用可能なことが多いです。

家計を圧迫するとよく相談のある住宅ローンですが返済額を減らすために今組んでいるローンの金利からもっと低く設定されているローンが見つかったらそちらに変えたいですよね。

ただ、金利だけを理由に変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えはフリーローンなどの借り換えとは違い登記などで様々な費用が発生しますので、費用を計算したら逆に損してしまうということもあります。

必ずシミュレーション時にメリットがあるかを確認してから行いましょう。

借り換えを行うのによいタイミングとして言われているのが、借り換えメリットが月収以上や50万円以上になった時です。

初めて住宅ローンを組む際によく聞かれるのが内容の質問・疑問を持つ人も多いようです。

結論から言えば利用可能です。

しかし銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めているので車のローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫することがあります。

当然ですが、自動車ローンをキチンと返済していないと他のローンの借入はできなくなるので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの審査でも重要なポイントです。

あまりないと思いますが、現在の自動車ローンを住宅ローンに組み込むことを住宅ローンと一緒にしましょうと提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

住宅ローンを選ぶ際に固定金利のフラット35を選択した方の多くに全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識があるようです。

平成21年4月から借り換え融資プランができたので住宅ローン借り換えをフラット35同士で行うとお得な場面が多くなっているんです。

基本的には金利差が0.3%あればメリットを受けられます。

よく借り換えの例にされているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるケースが多いです。

基本的には変動金利の方が1%から2%低く設定されているので一見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利なら金利変動リスクの心配はありません。

今のローンよりも金利の低いローンを組む住宅ローン借り換えですが、借り換え手続きに際して色々と必要なものが多いです。

その際、必要な書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の住宅ローン返済予定表や返済口座の写しなどの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる書類、3つ目は重要事項説明書などの不動産業者や法務局で取得できる書類になります。

勤務先で取得する源泉徴収票などは比較的用意しやすい書類ですが登記簿などは業者への連絡など時間がかかりやすいです。

金融機関によっては必要な書類が変わってくるので別の書類が必要になることもあるのでよく必要書類を確認しましょう。

【PR】 住宅ローン借り換え審査が甘い銀行は?



関連記事

  1. 住宅ローンはどこがいい?
  2. 住宅ローン借り換えの審査でも重要なポイント
  3. フラット35のメリット・デメリット