フラット35のメリット・デメリット

ウォーターサーバーの人気ランキング > 住宅ローン > フラット35のメリット・デメリット

フラット35のメリット・デメリット

全期間固定金利ということで利用を考える人の多いフラット35ですがどういった住宅ローンなのかコマーシャルなどを見てもいまいちわかりません。

メリットとしては全期間金利が変わらないので返済計画を立てやすいことや保証料が不要なこと、物件の住宅性能を重視した審査が行われること、繰上げ返済手数料がかからないことが挙げられます。

デメリットとしては原則、物件価格の9割までの借入になることや金利変動で低くなっても毎月の支払う金額は変わらないこと、繰上げ返済可能額が100万円からと銀行独自のローンに比べ高額なことが挙げられます。

他にも様々なメリット・デメリットがあるので利用する際は確認してからにしましょう。

ローンを契約する際に重要なことはなんでしょうか?ある人は、他のローンや公共料金の支払い滞納が起きていないかというクレジットヒストリーを挙げる人もいますが最も大切なのは借りた後の返済計画を立てておくことです。

例えば、住宅ローンやマイカーローンなどは借り入れ金額が大きく何年で返す計画にして毎月どのくらい支払うかを絶対に確認してください。

フラット35の審査基準は甘い? によると、自力で計算して確認するのもいいですが大変なので利用するローンのHPにあるシミュレーションを利用しましょう。

その際に、変動金利型の場合では金利変動で支払額が変わるので固定金利のフラット35でローンを組んだ場合も比較してください。

長期間に及ぶ高額なローンといえば住宅ローンなどがありますが。

なかなか周りの人に相談しても詳しい人が少なく、どう選んだら良いかわからないという人も多いはずです。

FPに相談するのが一番だと理解していてもどこに相談にいけばいいのかわからないというパターンもあるようです。

住宅ローンの中でもフラット35について聞きたい場合は各銀行機関へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が主催している相談会に参加するのがオススメです。

この相談会に行く場合は予約がいるのでHPで会場などの開催情報を確認しましょう。

世の中にはいろいろな住宅ローンがあります。

銀行オリジナルのローンやフラット35のようにどこの銀行機関で借りても基本的には同じ条件になるローンなど種類がたくさんあってどれを選べばよいかわかりません。

他の人がどういった部分を比較してローンを決めているのでしょうか。

特に比較されているのは金利条件です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば支払い額が金利変動で変わる変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。

変動制の場合は銀行機関独自のローン商品になるので繰上げ返済手数料や保証料などが銀行ごとに設定されています。

みなさんが住宅ローンを決める際の参考にしてください。

住宅の購入を検討するときに、ほとんどの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、金利が低いので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても種類が何個もあります。

その中でも、「フラット35」という言葉を聞いたことはありませんか?名称からは特徴が伝わりにくいですが通常のローンと比べどういった部分が違うのか調べてみました。

良い特徴としては、ずっと金利が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料が必要ないという面があります。

デメリットとしては、金利が変わらないので低金利になると変動型よりも割高になることや独自の審査基準があるので借入できない可能性があることが挙げられます。



関連記事

  1. 住宅ローン借り換えの審査でも重要なポイント
  2. フラット35のメリット・デメリット